住友生命保険相互会社

スミセイ ライフデザイナー 採用サイトスミセイ ライフデザイナー 採用サイト

ライフデザイナー紹介 ムービー集 より健康になるために ~Vitalityの魅力~ 資料請求

Menu

CAREER UP IMAGE 1 入社15年目 私が叶えた“スミセイ・ドリーム”。きっとたくさんの人が、同じ可能性を秘めているはずです。CAREER UP IMAGE 2 入社15年目 私が叶えた“スミセイ・ドリーム”。きっとたくさんの人が、同じ可能性を秘めているはずです。

山本 浩実 HIROMI YAMAMOTO 山梨支社 支社長山本 浩実 HIROMI YAMAMOTO 山梨支社 支社長
元・ブライダルプランナー。家事・育児と両立させながら、実務を通じ保険を深く学びたいと考え、2001年5月、住友生命愛知南支社に入社。その後10ヵ月で出張所長に昇格。2006年1月に支部長に昇格後、7年の定地型支部長時代を経て、転勤型の職員に職種変更。都心人材開発部、三重支社・北勢営業部を経て、現在に至る。

1年目~ 入社後10ヵ月で所長に。自分でチームの輪を広げていく楽しさを知りました。1年目~ 入社後10ヵ月で所長に。自分でチームの輪を広げていく楽しさを知りました。

私を住友生命に誘ってくださった上司のもとで、保険の勉強をしながら、お客さまのご相談に寄り添う毎日を送っていました。10ヵ月後、その上司が名古屋市内に支部を立ち上げ、そこで私は所長職を担う機会を得ました。住友生命には、コンサルティングスキルを磨きながら共に働くメンバーを増やしていくと、自分のチーム(出張所)をつくることができる制度があるのです。自信なんてありません。でも、せっかくのチャンスだから頑張ってみよう――。その想いを友人に伝えると、「私も一緒にやってみたい!」と転職し仲間に加わってくれたのです。私は、採用や育成を通してチームをつくっていく楽しさを知りました。「もっと、想いを共有する仲間を集めたい」と輪を広げるうちに、気づけば出張所は3年で15人の規模になり、4年後にはこのメンバーで支部をスタートさせました。少しずつ組織を築いていった当時の経験が、私の糧となっています。

12年目~ 今までの経験を全国区で活かすこと。それが、上司や仲間、そしてお客さまへの恩返しになるはず。12年目~ 今までの経験を全国区で活かすこと。それが、上司や仲間、そしてお客さまへの恩返しになるはず。

転勤を伴わない定地型の支部長を7年間務めたあと、私は会社から打診され、転勤型職員に職種変更をしたのです。そして東京にある都心人材開発部に赴任しました。正直に言えば、決断するまでかなり悩みました。私を育て支えてくれた、名古屋の上司や仲間たち、そしてお客さま。この慣れ親しんだ環境から飛び出し、家族と離ればなれの生活を送るなんて…と。でも、私の経験を全国区で活かすことができれば、それが後進を育て、恩返しにもつながると考えました。子ども2人が手を離れ、夫が理解を示してくれたことも大きかったですね。おかげで東京での人材育成に集中することができました。若手職員の研修でも「夢や目標は、あきらめなければいつか必ず叶うから、共に頑張ろう!」と励ませる自分になっていました。職種変更前はお客さまに一番近い支部という現場しか知らなかった私ですが、本社組織を経験したことで、あらゆる角度から物事を考えられるようになり視野が大きく広がったように思います。

13年目~ 同じ目標に向かうための風土作りに力を入れ、あとは一人ひとりの職員の力を信じて見守る日々。13年目~ 同じ目標に向かうための風土作りに力を入れ、あとは一人ひとりの職員の力を信じて見守る日々。

1年後、私は三重支社の北勢営業部長を命じられました。8支部・約150人を抱える大きな組織。支社内で自分の上司は支社長のみ、いわゆる「No.2」のポジションです。「私ひとりにできることには限界がある、任せられることは思いきって任せよう」と考えました。そこでまず、支部長や営業部のスタッフとコミュニケーションをとってお互いの考えを伝え合い、本音や弱音にも耳を傾け、信頼関係を深めていったのです。全員が同じ目標に向かうための風土作りに力を入れ、あとは各支部や職員一人ひとりのやり方をリスペクトし、信じて見守る。このスタンスは、いまの支社長業務にも活かされています。その意味では、マネジメントについても学びの多い2年間でした。

15年目~ 住友生命のおかげで、私はキャリアを磨くことができました。これからは私が、後進の活躍を応援する番です。15年目~ 住友生命のおかげで、私はキャリアを磨くことができました。これからは私が、後進の活躍を応援する番です。

現在、山梨支社長として私が目標としていることは2つあります。1つは、山梨支社を地域No.1にすること。保険でも仕事でも「一番入りたい会社」になるために、つねに「お客さまから見て」「社内から見て」「世の中から見て」という3つの視点で仕事に取り組んでいます。もう1つは、女性人材の活躍推進の一助となることです。保険について何も知らない主婦。そんな私が住友生命と出逢って、その環境や支援のおかげでキャリアを磨き支社長になることができました。まさに“スミセイ・ドリーム”ですよね。住友生命には他にも女性支社長がいます。私たちのように同じ可能性を秘めた女性は、きっとたくさんいるはずです。私はその方々お一人おひとりに、ぜひ住友生命で夢や目標を叶えていただきたいのです。ひとりでも多くの女性が、自分らしく輝き続けることを願って・・・。

Page Top

スミセイ ライフデザイナーとは?