住友生命保険相互会社

スミセイ ライフデザイナー 採用サイトスミセイ ライフデザイナー 採用サイト

ライフデザイナー紹介 ムービー集 より健康になるために ~Vitalityの魅力~ 資料請求

Menu

先輩職員インタビュー 〜もっと輝く明日のために〜

お客さまに喜んでいただくことが
やりがいにつながっています

前職
営業職
2011年7月入社
柴田 恭子Kyoko Shibata

※Felice 2015年6月号より抜粋。インタビュー内容は取材当時のものです。

前職とスミセイの仕事に興味を持ったきっかけを教えてください。

前職は人材派遣会社の営業職でした。やりがいを感じながら5年間続けましたが、派遣先の開拓から人材管理まで担当していたために体力的な限界を感じて退職したんです。
これまで医療関係の仕事なども経験しましたが、どの仕事においてもお客さまの「ありがとう」の言葉にやりがいを感じてきました。保険会社に転職した前職の先輩に話を聞いて、保険の仕事も同じような思いで働けるのではないかと感じたんです。
そんな時、スミセイで働くママ友達に誘われ、支部見学に訪れました。支部長の人柄や熱意が伝わり、こんな上司の下で働きたいなと。さらに副支社長から東日本大震災の際、約款上は定めていない災害保険金の支払いを最初に決めたのがスミセイだったと伺ったことで、いざという時にお客さまのお役に立てる意義深い仕事だと確信しました。

実際に入社してみていかがでしたか?

平成23年7月に入社後、研修で学んだことや上司のアドバイスなどを参考にしながら、お客さまにとって本当にお役に立つ保険をご提案したいという一心で仕事を続けてきました。
お客さまに喜んでいただくことで、やりがいや充実感を覚えながらコツコツと仕事を続けてきた結果、キャリアアップもでき、平成25年5月には所長に任命されました。今、4名の仲間を率いていますが、所長となってからはチームのメンバーの「この仕事をしてよかった」という言葉が私自身の喜びとなっています。

お仕事をする上で 心がけていることは何でしょう?

毎日の活動を大切にすることです。入社以来3年半、できる限り多くのお客さまにお会いし、有意義な情報をお届けすることにこだわってきました。毎日の頑張りによって、入社年数などに関係なく収入アップ、キャリアアップが可能なのでやりがいも大きいです。
チームのメンバーにも「活動なくして結果は出ない」と伝えています。初めは「柴田さんだからできるのでは?」と言っていた方でも、私の日々の活動やキャリアアップする姿を見て納得し「所長のようになりたいから頑張ります」と言ってくれるのがうれしいですね。

これからの目標や夢を聞かせてください。

私自身、子育てしながら働く大変さを実感してきました。この仕事はある程度自分でスケジュール立てて進められるので、出産後もずっと仕事を続けたいというやる気のある仲間をたくさん増やし、夢や目標に向かって一緒に頑張っていきたいですね。
2人の息子も大学2年生、高校1年生となり、子育てもあと数年で終了です。今後はいつも支えてくれる両親に親孝行したいと思っています。

私のこだわり

2通の手紙とお守り

入社を検討している時に支部長からいただいた手紙は、初心を忘れないように時折読み返しています。お守りは、私が尊敬する前職の先輩からの贈りもの。毎朝、窓に向けて置いて「今日も頑張るぞ」とやる気を出しています。

Page Top

スミセイ ライフデザイナーとは?