住友生命保険相互会社

スミセイ ライフデザイナー 採用サイトスミセイ ライフデザイナー 採用サイト

ライフデザイナー紹介 ムービー集 より健康になるために ~Vitalityの魅力~ 資料請求

Menu

先輩職員インタビュー 〜もっと輝く明日のために〜

お客さまの近くで喜びを共有できるのが魅力です

前職
幼稚園教諭
2008年4月入社
米田 こず枝Kozue Yoneda

※Felice 2016年3月号より抜粋。インタビュー内容は取材当時のものです。

前職は何をされていましたか?

保育士を2年経験した後に教諭として16年間、幼稚園に勤務していました。一生の仕事と決め、やりがいも感じていましたが、保育以外の業務も多く、年子の息子たちの子育てと両立しながらの忙しい毎日でした。「園児たちも大切な存在だけれど、自分の子どもたちと関わる時間がもっと必要だ」と感じ、長男の中学校入学を機に退職したんです。

スミセイに入社したきっかけは何だったのでしょう?

保育の仕事はやり切ったという自負があったので、次は新しい仕事に挑戦してみたいと思っていた時、知人からスミセイを紹介されました。
これまできちんと向き合うことがなかった保険や社会保障制度の知識は生きていく上でも役立つはずだと思いましたし、新しい自分に出会えるのではないかという期待もあり、平成20年4月に入社しました。

実際に働いてみて感じたことは?

入社当初は不安もたくさんありました。でも支部長から一つ一つ地道に積み重ねていくことの大切さを教わり、日々の活動が成果へとつながっていく保険の仕事の楽しさが少しずつ分かるようになりました。
お客さま一人ひとりに寄り添い、その方に一番合ったご提案方法を心がける中で、ある時、前職で園児の個性や保護者の方のタイプに応じて伝え方を変えていたのと同じだなと。全く関わりがないように見える職種であっても、前職の経験を活かせると気づいたことも自信につながりました。

入社から8年。振り返ってみていかがですか?

思うようにいかず、時に落ち込むこともありましたが、お客さまの「来てくれてありがとう」という言葉がうれしくて「また頑張ろう」と思える、その積み重ねでした。
チームで目標を達成して共に喜び合える、まるでドラマのような瞬間に立ち合えることも多く、それもやりがいとなっています。 
入社7年目の平成26年10月に所長に任命され、今は2人の仲間を率いています。所長となったことで責任感が生まれ、自分の成長も実感する毎日です。

今後の目標を教えてください。

お客さまの近くでご家族と様々な喜びを共有でき、常に頼りにしていただけるライフデザイナー、こんな仕事は他にあまりないと感じています。
定年を迎える時、お客さまのご家族にどんなうれしい変化があるのかを楽しみに、これからも仕事を続けていきたいです。
成長し、社会人となって仕事に一生懸命取り組んでいる2人の息子たちに負けないよう頑張っていきたいですね。

私のこだわり

半年ごとに新しくする手帳

4月と10月に手帳を買い替えています。いつも手帳がきれいなのは気持ちが良いですし、手帳を新しくする時に6カ月間を振り返り、気持ちを新たにするのも大切な時間となっています。

Page Top

スミセイ ライフデザイナーとは?